迫力の鉄道模型

鉄道模型の人気は、現在でもかなりのものがあるでしょう。世界的に見ても鉄道模型は大変人気です。世界各国で楽しまれているのが鉄道ですが、鉄道模型も日本に負けてはいません。さまざまな鉄道模型が作られてきましたが、規格としては日本で好まれるNゲージよりも、もっと大きなHOゲージが作られてきました。レールの幅の規格が異なるだけではなく、模型としてみた場合にも、スケールは大きなものとなります。大きくなった分だけ迫力もあります。

HOゲージの規格を見てみると、レールの幅が16.5mmと定められています。これがNゲージと大きな違いです。各国でこの規格によってつくられていますが、単純にHOとも呼ばれている国もあります。この理由は、Oゲージと呼ばれる規格があり、その半分ということで、ハーフのHがつけられました。実際に比べてみるとかなり大型で、ヨーロッパ製などの鉄道模型としては、Nゲージよりも多くの車両を見つけることができるでしょう。

車両日本では新幹線の車両を中心にして展開しました。本物の鉄道のサイズに合わせているところが重要で、スケールが合わなくなるというのが、新幹線を中心にした理由です。日本人の細かさの部分ともいえますし、生活環境としても大きなサイズが向かないところもあるでしょう。それでも精巧な模型として考えれば、HOゲージも人気が高い鉄道模型ですので、そのまま取ってあるようなものがあるのであれば、買取りに出してみるのもいいでしょう。新しい車両の購入費用にもできるのですから、眠っているものがあればチャンスです。